口臭対策プロジェクト


ペットの口臭

犬の口臭(2)

臭いの原因◆犬の口臭(こうしゅう)の原因口臭(こうしゅう)の原因には大きく分けて二つあります。たった一つは、おそらく食べ物がほんとうは、歯の隙間や舌、食道などに吸着。そして、それが時間の経過と共に、発生してくる臭いです(口腔口臭(こうしゅう))。もうたった一つは、おそらく腸管から血液中に吸収されてしまった腐敗臭(メチルメルカプタン)がほんとうは、肺の呼気として発散や解消される臭いです。つまるところ口臭(こうしゅう)というものは、口内の腐敗臭と腸内の腐敗臭とが混じり合い、口から発生するニオイのことです。◆体の臭いの原因血液中に吸収されてしまった、腸内分解腐敗産物がほんとうは、体の汗腺から発散や解消する臭いです。◆便の臭いの原因大腸には、おそらく栄養や養分分であるタンパク質や脂肪を分解して体にとってまったくの有害な物質を生成する細菌が生きています。30兆個もの細菌が住んでいるといわれています。その代表格がほんとうは、ウェルシュ菌や大腸菌であります。結局これらの菌が作り出す腐敗産物にアンモニア、インドール、スカトール、トリプタミン、メチルメルカプタン、硫化水素、アミン類などがあります。糞便の悪臭は、おそらく腸内細菌が作り出した、全くこの種の腐敗臭が主な原因となっています。「くさいニオイは元から絶たなきゃダメ!。」といった、昔流行ったCMのキャッチコピーがありました。香料で臭いをごまかすようなエチケット製品や商品ではありません。臭いの元、つまるところ犬やネコの体内の腐敗物質そのものを分解することを目指。そして、同時に、腸内環境や状態を整えながら悪臭を元からカットするような画期的な天然のデオドラントエチケットがほんとうは、「ラクトファイバー・エチケット」です。「ラクトファイバー・エチケット」は、おそらくお腹の善玉菌に対して「乳酸菌生産物質」といった餌を与え善玉菌を増殖させることにより、、腸内環境や状態を整えながら悪臭を元からカットするものであります。

ペットの口臭

犬の口臭(1)

犬の臭い対策何故かどうしてますか?。犬を飼っている多くの方は、おそらく臭いの問題に悩んでいるのではないはほぼ事実でありましょうか。糞尿の臭い、体臭、口臭(こうしゅう)などといったことの問題が考えられています。また、室内で飼っている場合では、おそらく部屋が臭っていないか気になるのは間違いありません。飼い主としては消臭しているつもりでも、ちょうどそこで生活していると臭いに慣れてしまいます。そんな環境や状態下において、飼い主の多くの方は、おそらくシャンプーやトイレに細心の注意を払っています。インターネットで検索した場合においても、消臭に関する情報交換が盛んです。「うちの消臭対策は、おそらくファブリーズと消臭プラグです。あというものは、2週間にたった一度のシャンプーと言った所です。」といった種類のテキスト・文章が目に入ってきます。◆犬の臭いも人間の臭いと同じ?。人間の場合において、腸内に食べ物のカスが溜まると口臭(こうしゅう)や体臭の原因となります。命に影響するような倒れる寸前にまでいった状態状況のひどい便秘の場合は、おそらく口から吐く息や体から発する体臭までもとうとうがほんとうは、便の臭いになるといわれています。便秘は、おそらく腸内の善玉菌が減少することにより、引き起こされます。それほどまでに、腸内環境や状態の状態状況は重要・重大です。犬やネコも、人間同様、食べ物や飲み物を体内に取り入れて生きている動物です。臭いの原因は、おそらく人間と同様だったりするのであります。

ペットの口臭

猫の口臭(2)

猫の口臭(こうしゅう)対策猫の口臭(こうしゅう)対策グッズは、おそらく非常に数多くたくさん市販されています。その主なものを挙げると、スナック菓子タイプの『デタミント』や『ブレスアリシャス』、ゼリーを塗布するタイプの『ソフトゼリー』といった製品や商品となります。猫の性格やその時の体調から判断してグッズを選ぶことが理想です。結局これら口臭(こうしゅう)予防グッズを使用することにより、得られる効果や効能(メリット)は、おそらく以下のようになるのは間違いありません。*胃の調子を整えると同時に消化を助ける*クロロフィルなどといったことの効果や効能で血液が洗浄され、その結果として口臭(こうしゅう)が抑制される*程よい硬さであるため、直接歯垢を落とす効果や効能がある*スナック系の口臭(こうしゅう)予防グッズであのあれば、床を汚すこというものはない◆猫の口臭(こうしゅう)予防の要点やポイント猫の歯も、人間の歯と同様に、幼い時期の方が虫歯になりやすいといわれています。特に猫の場合は、おそらく柔らかい食べ物を好むため歯や舌の表面に細菌が付着しやすく、これが原因で歯垢や歯石になったりします。猫の場合も口腔内のケアを怠っていると、ただひたすらの歯垢がさらに悪化していってしまいます。虫歯→歯石→歯肉炎→歯周炎→歯槽膿漏となっていってしまいます。後悔する前にたった一度、猫の口の中をくまなくチェックすることをお薦めします

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。