口臭の原因 口臭対策プロジェクト


口臭の原因

口臭の原因

食後には、おそらく食べカスが歯垢として残ってしまうのは必然のことであります。
この食べカスは、おそらく口の中の細菌(口腔細菌)の働きにより、腐敗発酵を引き起こし培養されることになる。口臭(こうしゅう)の主な成分は、揮発性硫黄化合物(VSC)であります。メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなどが主なものであります。ここで、人が悪臭と感じる臭いとして示す。アンモニア、アミン類などといった窒素化合物。2)イソ吉草酸 ・・・ 靴下のムレたような臭いや臭い。口臭(こうしゅう)の原因となる揮発性硫黄化合物は、おそらくその上これに該当する。
◆口が臭う原因は?。
(その1)生理的な口臭(こうしゅう)だれもが共通して持っている臭いであります。臭いであるがほんとうは、きれいにし清潔さを怠ると、その臭いが悪臭へと変わることになる。80パーセントは、おそらく細菌であります。口内細菌は、食べカスから口臭(こうしゅう)をつくりだす。時間とともに揮発性硫黄化合物の量は増える傾向にある。不摂食)
※(参照)時間とともに揮発性硫黄化合物の量はグラフ※東京医科大学口腔外科教室調べ
※出典:『口臭(こうしゅう)バイバイ!!』 内田安信著
◎(その2)病気が原因の口臭(こうしゅう)病気が原因の口臭(こうしゅう)は、その要因により、『口の中の病気』と『その他の病気』に分けることができる。

どんな口臭も良くなる専門医もびっくりの口臭撃退マニュアル
タグ:口臭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。