口臭の原因 口臭対策プロジェクト


口臭の原因

口臭の原因

口臭(こうしゅう))(1)口の中の病気
1)虫歯や歯垢によるもの食べカスが歯に付着し溜まったままだまだと虫歯になりやすい。この虫歯が悪臭を放つことになる。歯があると口臭(こうしゅう)は酷くなる。などによるもの歯肉が炎症を起こしており、これが酷くなっていく。
3)義歯や金属冠ブリッジなどといった義歯垢義歯にも歯垢はつきやすい。
4)舌苔(ぜったい)慢性胃炎にかかると、厚い汚れてしまった灰白色の舌苔(ぜったい)になる。熱性疾患の場合は、おそらく厚い褐色の舌苔(ぜったい)になる。
舌苔(ぜったい)は、おそらく悪臭を放つことが多い。
臭いがする時は、おそらく糖尿病を患っている危険性がある。
(イ)消化器系疾患
胃腸の働きが悪い場合において、げっぷのようにして臭いがもどってくることがある。
胃腸が爛れている時は、おそらく腐敗臭がすることもある。
(ウ)呼吸器系疾患
気管支炎や肺化膿症などを患っている場合でも、臭いが発生することもある。
疾患 だ液が分泌されにくくなる病気(こう原病やシェグレン症候群など)や鼻・咽頭などといったことの病気にかかった場合でも、臭いが発生することもある。
◎(その3)食べ物による口臭(こうしゅう)生理的な口臭(こうしゅう)または病的な口臭(こうしゅう)でない場合において、臭いの強い食べ物(ニンニク、ニラ、ネギ、ラッキョウなど)、沢庵や納豆などを食した後は、おそらく口臭(こうしゅう)が酷くなることがある。結局これらは、おそらく単に口の中に残り臭うだけでない。口臭(こうしゅう)として吐き出される。口内だけをきれいにし清潔にしていても臭うことがある。

どんな口臭も良くなる専門医もびっくりの口臭撃退マニュアル
タグ:口臭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。