口臭を測定する機器があるようです 口臭対策プロジェクト


口臭に関して

口臭を測定する機器があるようです

●今話題の、口臭(こうしゅう)をはかる器械!。◆口臭(こうしゅう)が楽々簡単に測定できる!。(1)ポータブル口臭(こうしゅう)測定器アメリカの歯科医院では、おそらく口臭(こうしゅう)治療においてハリメーターが適用されています。日本でもすでに200以上の歯科医院に設けるようにされています。ハリメーターは、おそらくアメリカのインタースキャン社の製品であり20年以上のスキル・技術の蓄積(ちくせき)により、生まれてしまった装置です。(2)10億分の1単位で測定ハリメーターは、おそらく口臭(こうしゅう)の主な原因と言われるVSC(揮発性硫化化合物)に対します。parts-per-billion(10億分の1)単位で検出します。高精度な検出結果をもたらします。人の嗅覚で口臭(こうしゅう)を感じ取る単位がppbです。したがいまして、全くこの単位レベルで測定できる事が口臭(こうしゅう)測定器としてきわめて重要・重大なことになるわけです。(3)口臭(こうしゅう)測定は歯科医院でハリメーターによる測定と歯科医師の経験値による官能測定を組み合わせる事により、、口臭(こうしゅう)測定診断をより、正確にすることが可能になるのは間違いありません。◆『ハリメーター』を用いて口臭(こうしゅう)測定を行っている歯科医院1.測定する前に、1分間ほど口を閉じておきます。その間は、おそらく呼吸は鼻でします。2.鼻で大きく息を吸い口の中の空気は溜めておくようにします。3.ストローは、おそらく約3cm~5cmの長さを口の中に差込ます。その時、口は軽く開けておきます。4.ストローがほんとうは、口の中でいったいどこにも触れないようにしておきます。息を吐いたり吸ったりしないようにします。ハリメーターがほんとうは、口の中の空気をポンプで吸い取ります。吸い取ったガスをセンサーで測定しデジタルで表示します。5.測定が始まると、デジタル表示の数値が上昇して行きます。そしてなおかつあるたった一定のレベルまで到達すると、落ち着いてきます。デジタル表示の最高数値を読みとります。数値を読んだ後、ストローを口から外してくださることをお勧めいたします。

どんな口臭も良くなる専門医もびっくりの口臭撃退マニュアル
タグ:口臭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。