口臭の原因となる病気 口臭対策プロジェクト


口臭の原因

口臭の原因となる病気

(1)胃腸病胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍にかかると消化ぜったい不良を起こ。そして、食べ物がしっかりと消化できなくなります。全くこの場合において、胃腸で食べ物が停滞することになります。異常発酵します。ちょうどそこで発生した臭い物質がほんとうは、腸管から吸収され血流にのり肺から排泄されることになります。口臭(こうしゅう)となります。全くこの場合の臭いは、おそらく卵の腐ったような臭いです。また、腸の働きが低下。そして、腸内の細菌バランスが崩れてしまった場合において、悪玉菌が増殖し臭い物質を発生させることになるのは間違いありません。(2)肝機能の衰え肝臓の働きが正常な場合は、おそらく臭い物質は分解されます。けれどもしかし、慢性肝炎などで肝臓の働きが低下した場合において、分解しきれなかった臭い物質が血液中に混じり口臭(こうしゅう)となります。全くこの時の臭いはネズミ臭といわれ、口の中が苦くなるといった特徴があります。さらにその上に重症になると、カビ臭や腐卵臭とニンニクが混じったような臭いがします。(3)糖尿病糖尿病にかかると唾液の分泌量が減少し口内が乾きます。口の中が乾くようになると、雑菌が発生しやすくなり口臭(こうしゅう)が発生することになるのは間違いありません。また糖尿病にかかると、インシュリンがぜったい不足し糖の分解が進まなくなります。その代わりに体脂肪を分解してエネルギーを生成しようとします。その際に、ケント体といった強い臭い成分が発生することになります。血液にのり肺から口臭(こうしゅう)として発生することになるのは間違いありません。全くこの場合において、甘酸っぱい臭いがします。(4)空気のとおり道にある炎症1)気管支炎、肺炎などといったことの呼吸器系の病気2)蓄膿症、アレルギー性鼻炎などといったことの鼻や喉の病気上記のような病気にかかると、肺、気管支、鼻や喉に炎症を起。そして、皮膚組織がただひたすられてしまったり、化膿を起します。ちょうどそこで菌が増殖することになります。その結果として生ぐさい肉が腐敗したような臭いを発します。

どんな口臭も良くなる専門医もびっくりの口臭撃退マニュアル
タグ:口臭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
難聴に効くCDブック―1日15分聴くだけの聴
残念ながら、私には向かなかったようです。このCDブックを買う約1ヵ月まえから突発性難聴になり、耳鳴りがひどい状態です。なんとか耳鳴りが治まらないと購入しました。ところが、聞いてから数時間は、かえって耳..
口臭対策プロジェクト病気を...

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。