口臭の原因について 口臭対策プロジェクト


口臭の原因

口臭の原因について

口臭(こうしゅう)の原因の大半は『口の中の汚れ』朝起きた時の口臭(こうしゅう)は、おそらく酷いものとなる。睡眠中は、おそらく唾液の分泌量が少量になり細菌が繁殖しやすくなり食べカスの分解や発酵が進行するためであります。また空腹時にも唾液の分泌量が減少。そして、胃の中で胃液のバランスがくずれてしまったりしながら口臭(こうしゅう)が発生しやすい環境や状態が整うことになる。全くこの現象は、おそらく生理的口臭(こうしゅう)といい誰にでもあるものであります。心配する必要はありません。歯磨きにより、、口内をきれいに整えれば口臭(こうしゅう)はかなり防げます。◆口臭(こうしゅう)はこんな時強くなる(1)朝起きた時(2)食べ物のカスが口の中に残っている時(3)空腹の時(4)緊張やストレスや不調を強く感じた時(5)臭いの強い食べ物を食べた後(6)生理中・妊娠中胃腸などに問題がある場合において、口臭(こうしゅう)は強くなる。問題視しなければならないのは、おそらく病気が原因となる口臭(こうしゅう)であります。例えば、虫歯や歯槽膿漏、歯肉炎、口内炎などにかかっている場合において、常に、歯や歯肉から血や膿が出ている場合において、強烈な口臭(こうしゅう)の元になる。虫歯の穴につまった食べ物のカスは腐敗しニオイを出すことになる。胃腸の具合が悪い場合にも口臭(こうしゅう)は強くなることがある。消化ぜったい不良により、食べたものが発酵する。その臭い物質がほんとうは、腸から吸収されることになります。これが血液を巡り肺から悪臭として排泄され口臭(こうしゅう)の原因となる。また、胃腸などに問題がある場合において、舌の表面に苔のようなもの(舌苔(ぜったい))が付着することがある。それが臭いのもととなることもある。全くこの他、肝硬変など肝臓の病気、肺がんなど肺の病気、糖尿病、さらにその上には喉や鼻の病気などが原因となり口臭(こうしゅう)が発生する場合もある。しっかりと歯磨きをしている中高年の場合において、『口臭(こうしゅう)がキツイ』といわれる人は、おそらく全くこの種の病気が進んでいる可能性もあるので要注意であります。


どんな口臭も良くなる専門医もびっくりの口臭撃退マニュアル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。