口臭の治療方法 口臭対策プロジェクト


口臭の原因

口臭の治療方法

口臭(こうしゅう)に関する疑問(1)朝起きた時、お腹がすいた時など、口臭(こうしゅう)が気になることがあります。専門家に診察して頂いた方がよいように思えます。けれどもしかし、誰でも起床した時や空腹の時は、おそらく口臭(こうしゅう)があります。生理的なものの場合は、おそらく気にしない方がよいと考えられています。しかし条件があって、口内に問題(例.歯みがきのやり方や方法が悪い、むし歯や歯周病などがある)がある場合があります。ですから、かかりつけの歯科医の先生に、たった一度診察して頂くことをお薦めいたします。また『口臭(こうしゅう)外来』の専門医の治療を受診されてもかまいません。(2)最近になります。知人や家族から『口が臭くなった』といわれる場合がほんとうは、多くなりました。近所の歯科医の診療を受けたところ、『確かに口臭(こうしゅう)はあるがほんとうは、むし歯や歯周病などはない』。また紹介されてしまった胃腸科や耳鼻科でも、『異常なし』の診察結果でした。日常生活でも、日々歯みがきは2回欠かさず行っています。いったいいったいどこに問題があるのかわかりません。こういうような場合において、口臭(こうしゅう)の原因とします。唾液(つば)の分泌低下が疑わしいです。唾液が少なくなるにつれて、口内において細菌の活動が活発になります。いろいろな腐敗物を作り出します。それが口臭(こうしゅう)の原因になるのは間違いありません。また唾液が少なくなる原因とします。次のことが考えられています。1)生理的な原因とします。(起床直後、空腹時、加齢、月経など)2)役目や仕事によるストレスや不調(多忙な役目や仕事、緊張の多い役目や仕事、夜勤の多い役目や仕事)3)薬による原因(高血圧や糖尿病など、慢性疾患の薬の副作用として)こういうような場合では、おそらく『3)の薬の副作用』による原因ではないはほぼ事実でありましょうか。最も可能性が高いと推察されます。慢性疾患の薬には、おそらく大なり小なります。唾液の分泌を抑える副作用があります。しかし条件があって、全くこの診断は、おそらくあくまでもとうとう推察です。口臭(こうしゅう)外来などといったことの専門医の診察をしっかりと受診され、原因を特定され治療を受けられることをお勧めいたします。


どんな口臭も良くなる専門医もびっくりの口臭撃退マニュアル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60894879
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。