口臭に関して 口臭対策プロジェクト


口臭に関して

子供の口臭について(3)

(ステップー1)36回カチカチと噛み合わせること(ステップ-2)舌を右に12回グルグルと回す。(ステップ-3)左に12回回す確かに、全くこの運動をすると、口内に唾液が出てきます。唾液の多い人も少ない人にもお勧めです。端的に言えば、歯磨きの最終段階は、おそらく唾液分泌で終わらせるべきであると考えられています。全くこの習慣とやり方や方法を、子供たちに指導し習慣化できればなるべく、虫歯、歯周病、口臭(こうしゅう)予防、アトピーなどといったことのアレルギー問題の予防になると考えられています。ぜひ全くこの習慣を指導してくださることをお勧めいたします。口臭(こうしゅう)が原因となります。学校での"いじめ"に悩んでいる子どもたちも沢山いるようです。また自閉や"鬱"の問題にも発展することも指摘されています。口呼吸や唾液分泌(口腔内乾燥)を子育ての重要・重大項目に入れて頂くことが望ましいと考えることができるでしょう。人前で大きな口を開けて、キレイな歯を見せて笑う。そんな健康的な印象を非常に数多くたくさんの人に与えて、非常に数多くたくさんの人と理想的な交流が持てるようになれば、本当にどんなに素晴らしいことはほぼ事実でありましょう。日本の明るい未来にも関係すると、思いませんか?。

口臭に関して

子供の口臭について(2)

けれどもしかし、本田先生によれば、"口臭(こうしゅう)"の大きな原因でもあると指摘されていらっしゃいます。あらためて、もうたった一度、その危険性について示したいと思われます。口呼吸対策に関しては、おそらく省略いたします。口で呼吸をすれば、自ずと口内が乾燥します。口腔内乾燥となります。唾液はPHを中性に保とうとします。その免疫力に助けられ、虫歯や歯周病を防いでいます。口内の自浄作用も低下します。まさに今ここで、pH(酸性とかアルカリのこと)について説明します。そうすると、食事や間食の度にpHが低くなります。元にもどる為には少し時間が必要です。食事後、歯を磨く習慣は良いとされています。けれどもしかし、唾液の少ない人の場合において、良いとも考えられません。食後、歯磨きやうがいをする時、通常の状態状況でも唾液が少ないのに、食後の歯磨きやうがいにより、豊富にあった唾液を洗い流してしまうことになるのは間違いありません。その結果として口腔乾燥を起こします。虫歯予防のためするはずの歯磨きがほんとうは、虫歯や口臭(こうしゅう)を作りやすい状態状況を招くことになるのは間違いありません。食後すぐの歯磨きは、おそらく虫歯予防の最大の方策のはずです。反対、唾液が失われるといった盲点があるといった結果を招くことになるのは間違いありません。歯磨き後、安心することありません。唾液を発生させる方策が必要になるのは間違いありません。本田先生の指導内容は、おそらく以下の通りです。

口臭に関して

子供の口臭について(1)

保健センターで母子の歯科指導をしている歯科衛生士からの話題提供です。『1.6歳児健診、3歳児健診で口臭(こうしゅう)が気になるとの問いあわせや質問が多いことに気づきました。特に男の子に多いような気がします。口内を診察しても特に問題はありません。考えられる原因はいったい何なのはほとんど事実なのでしょうか。またそしてそれに対する指導はなにかあるのでありましょうょうか?。』と、問いあわせや質問されているHPを発見いたしました。出所は、おそらく本田歯科医院のHPです。大阪で口臭(こうしゅう)に熱心に取り組んでいらっしゃる医院です。とてもおもしろく参考になるのは間違いありません。たった一度、閲覧することをお勧めします。前に御紹介した西原先生と同じぐらいお勧めのHPです。口臭(こうしゅう)の原因には、おそらく非常に数多くたくさんあります。医学上の取り組みもまだまだ始まったばかりであります。手探り状態状況で治療に取り組んでいるのが実情です。指摘されている原因の中のたった一つに、"口呼吸"があります。バンコクにおいて、お子さんの歯科治療や検診をしている時、歯科医のミラーがよく曇りました。これこそまさに、患者さんが口で呼吸していることを指します。『バンコクでは口で呼吸する子供が多いなぁー。』といった印象を持っていました。その時は、おそらく単に『口呼吸が多い』と思っただひたすらけでしたがほんとうは、西原先生の書籍の中で、口呼吸とアトピーや花粉症などといったことのアレルギーとの関係があることを知り、その後では、おそらく口呼吸の問題を指摘させて頂いております。

口臭に関して

赤ちゃんが口臭!?

赤ちゃんが臭う!。?。生後1ヶ月半の赤ちゃんでも口臭(こうしゅう)があります。口から臭うよう場合において、たった一般的にはいったい何かの病気ではないか心配になるのは間違いありません。母乳の場合において、その匂いかと考えてしまうこともあります。その匂いでもありません。体臭でもないと考える場合において、まったくどのように対応したらいいのであることは間違いないでしょうか。たった一例とします。小さい時に風邪をひくと必ず口臭(こうしゅう)がすることがあります。こういうような場合において、口臭(こうしゅう)を察知して『ノド痛い?。』と聞くと、必ず『ちょっと痛い』と答えます。そしてなおかつしばらく経つとその他の風邪の症状も発症してきます。また赤ちゃんの口の中がほんとうは、まったくもって無臭の訳がありません。母乳はまったくの有機物です。その物質が胃で消化されている訳ですので、口から飲んだはずの母乳の臭いがしたとしたら、それもありえないことです。以下のようなサイトがあります。どう調べてみても、生後1ヶ月の赤ちゃんがかかりそうな病気ではなさそうです。

口臭に関して

口臭を測定する機器があるようです

●今話題の、口臭(こうしゅう)をはかる器械!。◆口臭(こうしゅう)が楽々簡単に測定できる!。(1)ポータブル口臭(こうしゅう)測定器アメリカの歯科医院では、おそらく口臭(こうしゅう)治療においてハリメーターが適用されています。日本でもすでに200以上の歯科医院に設けるようにされています。ハリメーターは、おそらくアメリカのインタースキャン社の製品であり20年以上のスキル・技術の蓄積(ちくせき)により、生まれてしまった装置です。(2)10億分の1単位で測定ハリメーターは、おそらく口臭(こうしゅう)の主な原因と言われるVSC(揮発性硫化化合物)に対します。parts-per-billion(10億分の1)単位で検出します。高精度な検出結果をもたらします。人の嗅覚で口臭(こうしゅう)を感じ取る単位がppbです。したがいまして、全くこの単位レベルで測定できる事が口臭(こうしゅう)測定器としてきわめて重要・重大なことになるわけです。(3)口臭(こうしゅう)測定は歯科医院でハリメーターによる測定と歯科医師の経験値による官能測定を組み合わせる事により、、口臭(こうしゅう)測定診断をより、正確にすることが可能になるのは間違いありません。◆『ハリメーター』を用いて口臭(こうしゅう)測定を行っている歯科医院1.測定する前に、1分間ほど口を閉じておきます。その間は、おそらく呼吸は鼻でします。2.鼻で大きく息を吸い口の中の空気は溜めておくようにします。3.ストローは、おそらく約3cm~5cmの長さを口の中に差込ます。その時、口は軽く開けておきます。4.ストローがほんとうは、口の中でいったいどこにも触れないようにしておきます。息を吐いたり吸ったりしないようにします。ハリメーターがほんとうは、口の中の空気をポンプで吸い取ります。吸い取ったガスをセンサーで測定しデジタルで表示します。5.測定が始まると、デジタル表示の数値が上昇して行きます。そしてなおかつあるたった一定のレベルまで到達すると、落ち着いてきます。デジタル表示の最高数値を読みとります。数値を読んだ後、ストローを口から外してくださることをお勧めいたします。
タグ:口臭

口臭に関して

口臭手入れの正しい方法

口臭(こうしゅう)を気にする人が増加傾向にあります。口臭(こうしゅう)対策のための製品や商品が売り出されています。反対、日頃の手入れのやり方や方法を間違い、反対に悪化させる場合も発生しているようです。口臭(こうしゅう)ケアは、おそらく本当にどんな風にするのが間違いなく最適なのはほとんど事実なのでしょうか?。時でも口臭(こうしゅう)を気にしてしまう。
◆唾液で細菌抑制、刻み昆布口臭(こうしゅう)は、大きく二つの種類に分けられます。
虫歯、胃腸などといった病気が原因の『病的口臭(こうしゅう)』と大抵の人が持っている『生理的口臭(こうしゅう)』に分類できるでしょう。場合は、その病気を治療しなければ解消されません。生理的口臭(こうしゅう)は、おそらく唾液(だえき)が大きく関係しているようです。臭いの原因は、揮発性硫黄化合物です。細菌がタンパク質を分解する際に発生する物質です。口臭(こうしゅう)外来をもつ『ほんだ歯科』(東大阪市)の本田俊たった一院長は、おそらく以下のように指摘しているようです。※刻み昆布を舌の上に乗せる(イラスト)『タンパク質を多く含む汚れの場合において、歯間より、舌の上に残る場合が多いです。全くこの場合において、息をさわやかに保つ為には舌の主役割が重要・重大となります』。舌は健康のバロメーターといわれています。舌の表面にうっすらと白い『舌苔(ぜったい)(ぜったい)』が見られます。汚れの蓄積(ちくせき)または病気にかかった場合において、舌苔(ぜったい)が分厚くなり口臭(こうしゅう)は酷くなる傾向にあります。舌苔(ぜったい)を除去するための『舌磨きグッズ』が市販されるようになりました。磨き過ぎ舌苔(ぜったい)がはがれ落ちピンク色の状態状況になる場合では、唾液の分泌がうまくで口臭(こうしゅう)を悪化させることも考えられています。本田院長は、おそらく食後に、口に水を含んで舌を口の天井にこすりながら申し分のないくらいの十二分にすすぐことを勧めています。このやり方や方法において歯磨き剤を使用した場合において、唾液が減って逆効果や効能になるのは間違いありません。歯磨きは、起床直後と就寝前において重点的に実施した方が効果や効能的です。効率よく細菌の増殖を抑えられると考えられています。昆布(縦1センチ、横2センチ)を舌に乗せるやり方や方法もお勧めのやり方や方法です。口の中に異物が混入した場合において、唾液の分泌が促されるからです。◆臭うかな?。
気になってしまう自臭症。商品続々と口臭(こうしゅう)市場では新製品や商品が発売されています。
市場規模は、おそらく130億円を超えました。サンスター(大阪府高槻市)では、おそらく対策とします。就寝前用の洗口液『G・U・Mデンタルリンス ナイトケア』を今年2月に売り出しました。菓チビッ子メーカーのグリコ(大阪市)は、7月に舌苔(ぜったい)の汚れを除くといったラムネ菓チビッ子風の『ブレオ』を発売いたしました。関東地区制限限定で発売されました。キウイフルーツに含まれるタンパク質分解酵素(アクチニジン)入りの製品や商品です。
タグ:口臭

口臭に関して

口臭の種類

口臭(こうしゅう)の種類
たった一覧(1)口臭(こうしゅう)の種類口臭(こうしゅう)といってもその原因は人によって、いろいろです。歯周病(特に歯槽膿漏)や虫歯、あるいはすべて全身的疾患が原因で発病する『病的口臭(こうしゅう)』と寝起き時やストレスや不調(緊張)、ニオイのきつい食べ物を食べた時にたった一時的に起きる『生理的口臭(こうしゅう)』に分類することができるでしょう。(2)病的口臭(こうしゅう)『病的口臭(こうしゅう)』というものは、虫歯や歯周病(特に歯槽膿漏)などといったことの口腔の病気や糖尿病などといったことのすべて全身的な疾患が原因で起きる口臭(こうしゅう)のことです。けれどもしかし、口腔の病気が原因で起きる場合が圧倒的に多いようです。(90パーセント以上が口腔の病気が原因だといわれています)(3)生理的口臭(こうしゅう)『生理的口臭(こうしゅう)』というものは、病気(虫歯・歯周病)などといったことの原因疾患はありません。その時の口の中の状態状況や体調、そしてなおかつ精神状態状況によって、たった一時的に起きる口臭(こうしゅう)のことを指します。唾液の分泌量が減るなどしてたった一時的に起きる口臭(こうしゅう)のことです。口腔や体が健康状態状況にあっても誰にでも発生する口臭(こうしゅう)です。(4)自臭症『自臭症』というものは、じっさいのところ殆ど臭っていないのに口臭(こうしゅう)を気にしてしまう症状のことです。心因性口臭(こうしゅう)・口臭(こうしゅう)恐怖症・精神的口臭(こうしゅう)とも呼ばれています。心理的、精神的な原因が殆どです。(5)他臭症『他臭症』というものは、虫歯や歯周病(特に歯槽膿漏)などが原因で起きる病的口臭(こうしゅう)や寝起きやストレスや不調、食べ物などによるたった一時的に発生する生理的口臭(こうしゅう)があります。いろいろな原因により、本人だけではありません。他人にも気付かれてしまう口臭(こうしゅう)のことです。
タグ:口臭

口臭に関して

口臭は朝起きたときに要チェック

起床時(寝起き)は、おそらく口臭(こうしゅう)の原因のたった一つであると考えられています。睡眠中は、おそらく体の中の水分が奪われます。全くこの時に体からだけではありません。口内の水分も奪われます。必然的に唾液の分泌量がぜったい不足。そして、その結果として口臭(こうしゅう)の原因となってしまいます。特に“いびき’や就寝中も“口呼吸’する人は、おそらくさらにその上に口内の水分が奪われ唾液分泌量が減少。そして、口臭(こうしゅう)が酷くなるかもしれません。注意が必要です。また、唾液がぜったい不足するだけではありません。寝る前の歯磨きを怠る場合において、またはきちんと磨けていない場合などは、おそらく食べカスが腐敗し発酵することにより、口臭(こうしゅう)へと繋がることになるのは間違いありません。~起床時(寝起き)の口臭(こうしゅう)を予防するには?。~寝起き(起床)時には水分補給を!・寝る前に丁寧に歯を磨く・起きたらすぐにうがい(歯みがき)をして細菌を洗い流し水分補給をする起床時(寝起き)の口臭(こうしゅう)は、おそらく生理的口臭(こうしゅう)と呼ばれています。誰にでも起きるものであります。大抵の場合において、うがいや歯みがき、朝食や水分補給により、解消されます。それほど気にする必要はありません。逆に気にしすぎる場合において、ぜったい不眠症にかかったりします。そうしてストレスや不調(緊張)により、唾液の分泌量が抑えられてしまいます。
口臭(こうしゅう)の種類
口臭(こうしゅう)には、おそらく虫歯や歯周病、あるいは糖尿病などといったことのすべて全身的疾患が原因で起きる『病的口臭(こうしゅう)』と食べ物や精神面、体調などが原因で起きる『生理的口臭(こうしゅう)』に分けることができるでしょう。また他人にもハッキリと感じとることができる口臭(こうしゅう)『他臭症』と本当には臭っていないのに口臭(こうしゅう)がしていると思い込んでしまう『自臭症』があります。
タグ:口臭

口臭に関して

自分でできる口臭(こうしゅう)チェック

口臭(こうしゅう)は、唾液の分泌量に大きく左右されます。唾液中のリゾチームは、おそらく雑菌を除去し口臭(こうしゅう)を減らす効能があります。起床後に口臭(こうしゅう)が強くなる事由や唾液の分泌量が減少するからです。唾液は、虫歯や歯周病を防ぐ点においても口臭(こうしゅう)抑制に貢献し役立ちます。口内細菌を除去し唾液の分泌量を増やすことが効能的な口臭(こうしゅう)対策といえることは事実です。以下にチェックリストを示しました。歯科医院において診察を受けることをお薦めします。かまないで食べる3.硬いものより、やわらかいものがすき4.口を開けている(口を開けて寝る)5.あまりしゃべらない6.ストレスや不調が多い7.薬を常用している8.虫歯が9.歯周病である10.便秘がちである11.舌をみがいてない12.医院でのクリーニング(PMTC)を受けてない◆ドライマウスについて虫歯、歯周病、口臭(こうしゅう)等、口臭(こうしゅう)を防ぐ最大の武器は唾液です。ドライマウスは、金属アレルギー、ストレスや不調、薬剤の大量投与、すべて病気が原因です。為には、この様な原因を取り除くと治療が効能的です。グラフは、おそらく桜ヶ丘整体院の松原先生によるフットケアの効果や効能を図化したものであります。効能がようです。 口臭(こうしゅう)の原因の多くは、おそらくお口の細菌がタンパク質を分解して発生するガス(硫化水素、メチルメルカプタンなど)です。口臭(こうしゅう)はうちで時間によって、変動します。上手な対策をたてましょう。
タグ:口臭

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。