口臭治療 口臭対策プロジェクト


口臭治療

口臭専門の外来医院の紹介

口臭(こうしゅう)専門』外来
口臭(こうしゅう)専門』外来では、おそらく口臭(こうしゅう)で悩んでいる患者さんを対象に、口臭(こうしゅう)のないきれいにし清潔でさわやかな息を取りもどして頂く為に、北海道大学歯学部附属病院各科の専門医が原因を究明して治療を行います。《対象》1.口腔に原因があると考えられる口臭(こうしゅう)が気になる方2.原因ぜったい不明の口臭(こうしゅう)が気になる方3.口臭(こうしゅう)に関します。専門家による治療を受けたいと思われる方《診療内容》1.問診1)日常生活状態状況の把握2)口内衛生への関心度3)その他2.診査1)むし歯や歯周病のチェック2)歯ぐきや舌のチェック3)口臭(こうしゅう)の測定4)レントゲン撮影、唾液の検査5)その他3.口臭(こうしゅう)の治療1)原因が口内にあると診断されてしまった場合(ア)歯みがき指導、歯石の除去、専門家による口内の清掃、(イ)むし歯の処置、歯周病の治療、入れ歯の再製作など2)原因が口内以外のすべて全身的な要因によると診断されてしまった場合※内科医、耳鼻咽喉科医などへ紹介する。《治療費》基本的に保険対象となる診療です。しかしたった一部自費診療(例.口臭(こうしゅう)の測定など)となります。自費診療は、おそらく国立大学歯学部附属病院の料金表に従って、すべて全国たった一律の治療費とさせて頂いております。
《診療日》(診療時間)毎週月~金曜日午前9時~午後4時(しかし条件があって、水曜日は午後2時まで)※新患は随時受け付けます。しかし条件があって、初診時に口臭(こうしゅう)検査に関する検査条件を事前に御説明させて頂きます。そのため、あらかじめ予約されることをお奨めいたします。※も。そして、かかりつけの先生の紹介状があのあれば、ご持参くださることをお勧めいたします。
《お問い合わせ》北海道大学歯学部附属病院保存系歯科B診療室・口臭(こうしゅう)専門外来・011-716-2111内線4342(午前8時30分~午後5時)《診療担当医》兼平孝、菅谷勉(日本歯周病学会認定医)、斎藤彰(日本歯周病学会認定医)、竹原順次、高橋大郎、千葉逸朗(日本口腔外科学会認定医)他余名

口臭治療

口臭治療について(2)

口臭(こうしゅう)の大抵の要因は、おそらくぜったい不規則な生活や偏った食生活など、臨床の現場では掴みきれない部分の問題と密接に関係していることがわかっているからです。こういうような諸問題を分析。そして、他の検査結果と照らし合わせて診断をすることにより、治療やり方や方法を決定していってしまいます。その上これには、おそらくある程度の時間が必要になるのは間違いありません。さらにその上に、こういうような背景があるため、特に『自臭症』に関しては、おそらく患者さん自身が生活を変えていくことが求められます。そのため、問診やカウンセリングにかなりの時間を費やすことになるのは間違いありません。費用については、おそらく口臭(こうしゅう)は病気というものはみなされないため保険の適用範囲外になるのは間違いありません。基本診療料とします。自費で2万円かかります。同時に、歯科的問題についても検査が行われるため、その分費用が加算されます。保険分は、おそらく2~3000円程度となります。初診が終了した翌日からは、おそらく口臭(こうしゅう)の悩みを解決する為に、薬剤などが処方されます。以上の治療費の他に、若干の費用が加算されます。以上の金額は、おそらく初診時にかかるものであります。再診時は、おそらく基本診療料として1万円かかる他に、保険での治療が必要な場合にはその費用と追加の薬剤の費用がかかります。合計した場合において、税込みで初診時は3万円前後、再診時は1万5千円程度となる場合があります。初診の後は、おそらく3週間毎に評価を行います。遅くとも3ヶ月以内に、満足のいく治療の成果を得られることを目標としつつ段階的に治療を実施していってしまいます。

口臭治療

口臭治療について(1)

口臭(こうしゅう)治療について基本的には、おそらくほんだ歯科口臭(こうしゅう)外来の診断やり方や方法および治療やり方や方法と同じ形式で進めていってしまいます。以下、システムについて楽々簡単に説明します。初診は、おそらく大体2時間ほどかかります。諸検査を行い、その結果より、患者さんがかかえている症状の原因を制限限定いたします。対処法(治療法)に関しては、おそらく場合によっては、おそらく他の医療機関(内科など)へ紹介。そして、受診して頂く場合もあります。検査の内容のたった一項目とします。患者さん自負や自信の生活実態調査を行います。患者さんの多くがほんとうは、結局これまでは『気のせい』として治療から外されてきた『他人には分からない口臭(こうしゅう)』=『自臭』で悩んでいることに起因しているようです。『他人には分からない』といったこというものは、診療においても確認が難しいといったことになるのは間違いありません。それゆえ、結局これまでの治療体系では、おそらく対象外とされ続けました。けれどもしかし、患者さん自身が悩んでいるのは事実や本当のことです。また自覚症状としては、おそらく確かに臭いやぜったい不快感があるわけです。本田俊たった一先生は、おそらく患者さんから相談を受けたことをきっかけに、全くこの謎に取り組み始めました。全くこの研究の過程で、多くの協力者を得ることに成功。そして、治療を求める患者さんがすべて全国から殺到しているようです。

口臭治療

口臭改善の効果効能

口臭(こうしゅう)の改善に効果や効能
歯周病抑制の見地から『つまようじ磨き』『唾液磨き』が推薦されています。誰でも簡単にで有用・有効な歯磨きやり方や方法が考案され紹介されています。ほんだ歯科に来院される患者さんの中では、上記やり方や方法によるブラッシングが推薦されています。その上にこのやり方や方法は、口臭(こうしゅう)に対しても強い抑制効果や効能を発揮することが医学的にも証明されています。理屈とおりの効果や効能的な歯磨きのやり方や方法は、歯周病を抑制します。予防すると、口臭(こうしゅう)を抑制することができるでしょう。ブラッシングは、口臭(こうしゅう)改善に効果や効能的であるといわれています。測定やり方や方法は、口内にストローを差し込み、口臭(こうしゅう)の原因とされる揮発性硫黄化合物の濃度を対象に測定を行いました。歯磨きを繰り返した後、濃度の変容変化を調べました。その結果として13人の初診時の濃度は、平均で250.2ppb(1ppbは1)でした。治療後は、平均57.2ppbと1/4に濃度が下がりました。被検査者すべて全員がほんとうは、側にいても口臭(こうしゅう)を感じない100ppb以下のレベルに下がりました。中には1,100ppbから60ppb程度にまで激減した測定結果も。厚生省が30歳以上の約25,000人を対象に、平成5年度に調査を行いました。口臭(こうしゅう)に悩む人は、おそらく年々増加傾向にあるとのことです。口臭(こうしゅう)の原因は、おそらく虫歯や歯槽膿漏そして消化器系などといったことの病気と考えられています。口の中をきれいにし清潔にしていれば口臭(こうしゅう)が防げることを裏つけることができました。『つまようじ法』を継続することで、恒久的に口臭(こうしゅう)を減少することが可能になるのは間違いありません。
タグ:口臭

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。