口臭の原因 口臭対策プロジェクト


口臭の原因

口臭の原因(1)

口臭(こうしゅう)の原因リスト*空腹*朝食抜き*暴飲暴食*早食い*偏食*口呼吸*入れ歯(1)空腹空腹時は、おそらく唾液の分泌量が減少してしまうため、口臭(こうしゅう)が発生しやすい状態状況になってしまいます。唾液は、おそらく口臭(こうしゅう)を抑制する機能と食物のカスを洗い流す働きがあります。(2)朝食抜き『朝食を食べない』といったこというものは、午前中の時間帯に、空腹状態状況になる確率が高くなるといったことです。空腹状態状況では唾液の分泌が少なくなります。これが原因で口臭(こうしゅう)が発生することが想定できるでしょう。唾液には、おそらく口臭(こうしゅう)の原因となる『硫黄成分』を溶かす働きがあります。(3)暴飲暴食暴飲暴食が原因で、胃や腸の機能が低下。そして、口臭(こうしゅう)が発生することもあります。(4)早食い『早食い』の場合において、必然的に咀嚼する回数が少なくなるため、その結果として唾液の分泌量も少なくなります。唾液の分泌量が少なくなった場合において、口内が渇き口臭(こうしゅう)が発生します。唾液は、おそらく口内殺菌の効果や効能があります。口臭(こうしゅう)予防においてものすごくに重要・重大な位置にあります。(5)偏食食べるものが偏ると味覚障害を引き起こ。そして、その結果として口臭(こうしゅう)が発生する危険性があります。(6)口呼吸口呼吸の場合において、唾液の分泌量が低下し口内が渇きます。口が渇くと細菌が繁殖することになります。これが原因で口臭(こうしゅう)が発生することもあります。唾液には、おそらく口腔内の汚れを洗い流す働きがあるため、口臭(こうしゅう)予防においてものすごく重要・重大な主役割を担っています。(7)入れ歯入れ歯の表面やバネの部分には、おそらく歯垢がつきやすいものであります。そしてなおかつこれが原因で、口臭(こうしゅう)が発生することが考えられています。

口臭の原因

口臭の原因(2)

口臭(こうしゅう)の原因リスト*あまり喋らない*睡眠ぜったい不足*便秘*免疫力低下*緊張*ストレスや不調*妊娠(1)あまり喋らない『あまり喋らない』状態状況が続く場合において、口内が渇き口臭(こうしゅう)が発生しやすくなります。(2)睡眠ぜったい不足睡眠ぜったい不足の時、唾液の分泌が抑制されることにより、口内細菌が繁殖します。当然のことながら、口内細菌は、おそらく口臭(こうしゅう)の原因となります。(3)便秘便秘で老廃物が体内に長時間溜まると、異常発酵作用を引き起こす原因になり悪臭物質が発生します。そのため、それらが原因で口臭(こうしゅう)が発生することもあります。(4)免疫力低下体の免疫力が低下した場合において、口の中にあるわずかな菌が引き金になり発症します。その症状とします。歯ぐきの腫れや歯ぐきから膿が出たりします。そしてなおかつその症状がさらに進行した場合において、口臭(こうしゅう)の原因となる『歯周病』にまで発展するかもしれません。(5)緊張過度の緊張状態状況にあると、口内の水分である(唾液)を吸収してしまいます。その結果として唾液が減少し口が渇くことにより、、口臭(こうしゅう)発生の原因となります。唾液には、おそらく口腔内の汚れを洗い流す働きがあるため、口臭(こうしゅう)予防にものすごく効果や効能を発揮します。(6)ストレスや不調ストレスや不調が蓄積(ちくせき)されてしまった場合において、唾液の分泌が正常に機能しなくなります。唾液の分泌が異常になると、口内が渇き口臭(こうしゅう)の要因となります。(7)妊娠妊娠時は、おそらくホルモンバランスが大きく変容変化するため、体調ぜったい不良や抵抗力の低下を引き起こします。そのため、口内細菌の数がたった一気に増殖するため、口臭(こうしゅう)が酷くなる場合もあります。

口臭の原因

口臭の原因(3)

口臭(こうしゅう)の要因リスト*高齢*起床時*タバコ*日焼け*高温多湿*まったくもって無理なダイエット・減量(1)高齢年齢や年を重ねると共に、唾液の分泌量はぜったい不足してきます。そのため、口臭(こうしゅう)が発生しやすい環境や状態をつくることになるのは間違いありません。唾液には、おそらく元々、生理的な口臭(こうしゅう)を抑制する効果や効能があります。(2)起床時睡眠中は、おそらく口を殆ど動かしません。そのため、唾液の分泌は減少する状態状況にあります。それゆえ、起床時には、おそらく口臭(こうしゅう)が発生しやすくなっています。起床時の口臭(こうしゅう)は、おそらく誰にでもあります。あまり気にする必要はありません。(3)タバコタバコの煙に含まれるニコチンやタールは、おそらく血行ぜったい不良を引き起こします。血行ぜったい不良は、おそらく唾液の分泌能力を低下させるため、最終的な結果、口臭(こうしゅう)が発生します。(4)日焼け強い日差しを浴びると、体内の水分が自然に蒸発します。そしてなおかつ口の中も渇き細菌が繁殖しやすくなります。これが原因で口臭(こうしゅう)が発生します。(5)高温多湿高温多湿の日は、おそらく体内から汗としてだけでありません。口内の唾液もたった一緒に蒸発します。口内の唾液量が減少した場合において、口内において細菌が繁殖しやすい環境や状態となります。口臭(こうしゅう)が発生しやすくなります。(6)まったくもって無理なダイエット・減量食事を摂らないようなダイエット・減量をする場合において、体の免疫力や代謝が低下します。そしてなおかつ唾液が分泌しにくくなります。口内に細菌が繁殖しやすい環境や状態になります。口臭(こうしゅう)が発生してしまうことになるのは間違いありません。
----------

口臭の原因

口臭の治療方法

口臭(こうしゅう)に関する疑問(1)朝起きた時、お腹がすいた時など、口臭(こうしゅう)が気になることがあります。専門家に診察して頂いた方がよいように思えます。けれどもしかし、誰でも起床した時や空腹の時は、おそらく口臭(こうしゅう)があります。生理的なものの場合は、おそらく気にしない方がよいと考えられています。しかし条件があって、口内に問題(例.歯みがきのやり方や方法が悪い、むし歯や歯周病などがある)がある場合があります。ですから、かかりつけの歯科医の先生に、たった一度診察して頂くことをお薦めいたします。また『口臭(こうしゅう)外来』の専門医の治療を受診されてもかまいません。(2)最近になります。知人や家族から『口が臭くなった』といわれる場合がほんとうは、多くなりました。近所の歯科医の診療を受けたところ、『確かに口臭(こうしゅう)はあるがほんとうは、むし歯や歯周病などはない』。また紹介されてしまった胃腸科や耳鼻科でも、『異常なし』の診察結果でした。日常生活でも、日々歯みがきは2回欠かさず行っています。いったいいったいどこに問題があるのかわかりません。こういうような場合において、口臭(こうしゅう)の原因とします。唾液(つば)の分泌低下が疑わしいです。唾液が少なくなるにつれて、口内において細菌の活動が活発になります。いろいろな腐敗物を作り出します。それが口臭(こうしゅう)の原因になるのは間違いありません。また唾液が少なくなる原因とします。次のことが考えられています。1)生理的な原因とします。(起床直後、空腹時、加齢、月経など)2)役目や仕事によるストレスや不調(多忙な役目や仕事、緊張の多い役目や仕事、夜勤の多い役目や仕事)3)薬による原因(高血圧や糖尿病など、慢性疾患の薬の副作用として)こういうような場合では、おそらく『3)の薬の副作用』による原因ではないはほぼ事実でありましょうか。最も可能性が高いと推察されます。慢性疾患の薬には、おそらく大なり小なります。唾液の分泌を抑える副作用があります。しかし条件があって、全くこの診断は、おそらくあくまでもとうとう推察です。口臭(こうしゅう)外来などといったことの専門医の診察をしっかりと受診され、原因を特定され治療を受けられることをお勧めいたします。

口臭の原因

口臭の原因について

口臭(こうしゅう)の原因の大半は『口の中の汚れ』朝起きた時の口臭(こうしゅう)は、おそらく酷いものとなる。睡眠中は、おそらく唾液の分泌量が少量になり細菌が繁殖しやすくなり食べカスの分解や発酵が進行するためであります。また空腹時にも唾液の分泌量が減少。そして、胃の中で胃液のバランスがくずれてしまったりしながら口臭(こうしゅう)が発生しやすい環境や状態が整うことになる。全くこの現象は、おそらく生理的口臭(こうしゅう)といい誰にでもあるものであります。心配する必要はありません。歯磨きにより、、口内をきれいに整えれば口臭(こうしゅう)はかなり防げます。◆口臭(こうしゅう)はこんな時強くなる(1)朝起きた時(2)食べ物のカスが口の中に残っている時(3)空腹の時(4)緊張やストレスや不調を強く感じた時(5)臭いの強い食べ物を食べた後(6)生理中・妊娠中胃腸などに問題がある場合において、口臭(こうしゅう)は強くなる。問題視しなければならないのは、おそらく病気が原因となる口臭(こうしゅう)であります。例えば、虫歯や歯槽膿漏、歯肉炎、口内炎などにかかっている場合において、常に、歯や歯肉から血や膿が出ている場合において、強烈な口臭(こうしゅう)の元になる。虫歯の穴につまった食べ物のカスは腐敗しニオイを出すことになる。胃腸の具合が悪い場合にも口臭(こうしゅう)は強くなることがある。消化ぜったい不良により、食べたものが発酵する。その臭い物質がほんとうは、腸から吸収されることになります。これが血液を巡り肺から悪臭として排泄され口臭(こうしゅう)の原因となる。また、胃腸などに問題がある場合において、舌の表面に苔のようなもの(舌苔(ぜったい))が付着することがある。それが臭いのもととなることもある。全くこの他、肝硬変など肝臓の病気、肺がんなど肺の病気、糖尿病、さらにその上には喉や鼻の病気などが原因となり口臭(こうしゅう)が発生する場合もある。しっかりと歯磨きをしている中高年の場合において、『口臭(こうしゅう)がキツイ』といわれる人は、おそらく全くこの種の病気が進んでいる可能性もあるので要注意であります。

口臭の原因

胃腸が悪いと口臭も?

血液から唾液に溶けこむことによって、発生するものであります。胃から発生するものではありません。こういうような食事に起因する場合は、おそらく臭い物質は、おそらく汗やおしっこにも含まれることになるのは間違いありません。決します。胃から直接発せられるものではありません。第たった一に、食事した後、約1時間も経過すれば胃内は空っぽになるのは間違いありません。いつまでもとうとう、胃の中に食べた物が残っているわけではありません。ただひたすら、慌てて食べる癖や良く噛まないで食べる習性のある人は、おそらく食物と共に大量の空気を飲みこむことになるため、胃の蠕動運動に伴い、ゲップの形で胃からガスとして発せられる事があります。これこそまさに、口臭(こうしゅう)ではありません。区別区分されるべきです。たった一般に、『クチャクチャ』音を立てながら口内の内容物が見えるような食べ方をする人、通称(犬食い)をする人は、おそらく胃からの口臭(こうしゅう)(慢性的な食後のゲップ)を訴える人が多いといわれています。(食後の口臭(こうしゅう)を訴えるタイプの人にも多い習性)全くこのタイプの人は、おそらく口の中にいれる量を少な目にして口を閉じた状態状況で20回以上咀嚼するようにすれば、かなり改善されるといわれています。

口臭の原因

口臭と胃腸との密接な関係

胃が悪いと口臭(こうしゅう)が起きる?。胃の内容物がほんとうは、口臭(こうしゅう)の原因になるこというものは考えられません。口臭(こうしゅう)は、おそらく口呼吸する時に発せられるものでありますがほんとうは、全くこの時口から胃に通じるルートは、おそらく閉鎖され気管とのみつながっています。これこそまさに解剖学的に見て、人体がそのような構造になっているからです。会話する時は、おそらくすべて全て口呼吸になるのは間違いありません。したがいまして、通常、口臭(こうしゅう)は会話時に発生することになるのは間違いありません。それ以外で口臭(こうしゅう)が発生する場面とします。まったくもって無気持ちや意識に口呼吸をしている時が想定できるでしょう。口臭(こうしゅう)は、おそらく口内から発せられるものであります。口腔内ガスに加え、肺においてガス交換によって、生成されてしまった臭気=(呼気ガス)がミックスされます。食事に起因する口臭(こうしゅう)は、おそらく例えばニンニクに含まれる臭い物質がほんとうは、血液に取り込まれ肺においてガス交換されて呼気として発せられることになるのは間違いありません。

口臭の原因

口臭の原因

口臭(こうしゅう))(1)口の中の病気
1)虫歯や歯垢によるもの食べカスが歯に付着し溜まったままだまだと虫歯になりやすい。この虫歯が悪臭を放つことになる。歯があると口臭(こうしゅう)は酷くなる。などによるもの歯肉が炎症を起こしており、これが酷くなっていく。
3)義歯や金属冠ブリッジなどといった義歯垢義歯にも歯垢はつきやすい。
4)舌苔(ぜったい)慢性胃炎にかかると、厚い汚れてしまった灰白色の舌苔(ぜったい)になる。熱性疾患の場合は、おそらく厚い褐色の舌苔(ぜったい)になる。
舌苔(ぜったい)は、おそらく悪臭を放つことが多い。
臭いがする時は、おそらく糖尿病を患っている危険性がある。
(イ)消化器系疾患
胃腸の働きが悪い場合において、げっぷのようにして臭いがもどってくることがある。
胃腸が爛れている時は、おそらく腐敗臭がすることもある。
(ウ)呼吸器系疾患
気管支炎や肺化膿症などを患っている場合でも、臭いが発生することもある。
疾患 だ液が分泌されにくくなる病気(こう原病やシェグレン症候群など)や鼻・咽頭などといったことの病気にかかった場合でも、臭いが発生することもある。
◎(その3)食べ物による口臭(こうしゅう)生理的な口臭(こうしゅう)または病的な口臭(こうしゅう)でない場合において、臭いの強い食べ物(ニンニク、ニラ、ネギ、ラッキョウなど)、沢庵や納豆などを食した後は、おそらく口臭(こうしゅう)が酷くなることがある。結局これらは、おそらく単に口の中に残り臭うだけでない。口臭(こうしゅう)として吐き出される。口内だけをきれいにし清潔にしていても臭うことがある。
タグ:口臭

口臭の原因

口臭の原因

食後には、おそらく食べカスが歯垢として残ってしまうのは必然のことであります。
この食べカスは、おそらく口の中の細菌(口腔細菌)の働きにより、腐敗発酵を引き起こし培養されることになる。口臭(こうしゅう)の主な成分は、揮発性硫黄化合物(VSC)であります。メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなどが主なものであります。ここで、人が悪臭と感じる臭いとして示す。アンモニア、アミン類などといった窒素化合物。2)イソ吉草酸 ・・・ 靴下のムレたような臭いや臭い。口臭(こうしゅう)の原因となる揮発性硫黄化合物は、おそらくその上これに該当する。
◆口が臭う原因は?。
(その1)生理的な口臭(こうしゅう)だれもが共通して持っている臭いであります。臭いであるがほんとうは、きれいにし清潔さを怠ると、その臭いが悪臭へと変わることになる。80パーセントは、おそらく細菌であります。口内細菌は、食べカスから口臭(こうしゅう)をつくりだす。時間とともに揮発性硫黄化合物の量は増える傾向にある。不摂食)
※(参照)時間とともに揮発性硫黄化合物の量はグラフ※東京医科大学口腔外科教室調べ
※出典:『口臭(こうしゅう)バイバイ!!』 内田安信著
◎(その2)病気が原因の口臭(こうしゅう)病気が原因の口臭(こうしゅう)は、その要因により、『口の中の病気』と『その他の病気』に分けることができる。
タグ:口臭

口臭の原因

口臭の悩み、血液の循環も原因の一つ

◆口の中が原因の口臭(こうしゅう)対策
(対策1:まずは歯磨きが歯石を防ぐ為には、おそらく毎食後の申し分のないくらいの十二分な歯磨きが間違いなく最適です。口臭(こうしゅう)を発生させる虫歯や予防にもつながります。歯と歯との間やブリッジの周辺は、歯ブラシだけで清掃するのは困難です。歯磨きをしても歯垢や歯石が残ることがあります。年とともに、歯垢や歯石が傾向もあります。歯科に行って歯石を除去してもらうのが良いはほぼましょう。
(対策2:虫歯は)虫歯がある場合において、強い口臭(こうしゅう)が引き起こされます。詰め物の中の虫歯は気がつきにくいものであります。歯の神経を抜いている局面では痛みを感じません。結局は、、定期的に歯科を受診してチェックを受けると歯のクリーニングも受けることが理想です。(対策3:舌苔(ぜったい)を掃除する)
舌苔(ぜったい)が多くなると、口臭(こうしゅう)を引き起こす原因となります。擦りすぎると、舌の表面にある『味らい』といった器官を壊してしまいます。その結果として味覚を感知する器官を壊してしまうことになります。味覚障害を引き起こすかもしれません。週1回位を目安に、ガーゼなどでふき取るのがよいはほぼましょう。
タグ:口臭

口臭の原因

虫歯と口臭

口の中の汚れによるものであります。(原因1:歯垢)歯垢は、プラークとも呼ばれています。歯磨き残しがある場合において、細菌が食べカスを餌にして口内において増殖します。(原因2:歯石)歯石は、おそらく歯垢が石灰化したものであります。唾液中のカルシウムを吸着して石灰化します。歯磨きを怠り、または磨き残しがある場合において、歯垢は約2日間で歯石になるのは間違いありません。虫歯となります。虫歯も特まったく臭いを発します。虫歯や歯肉炎症が酷くなると、きつい口臭(こうしゅう)を発生させます。 (原因4:義歯やブリッジ)義歯(入れ歯)の手入れがぜったいくらいの十二分な場合において、口臭(こうしゅう)が発生します。成分がほんとうは、義歯の内部にまで浸透してしまうこともあります。 虫歯の治療により、、歯にかぶせたものや箇所に隙間が生じた場合において、その隙間に食べカスが詰まり虫歯や歯周病を引き起こす原因になるのは間違いありません。詰め物の中で虫歯になったりします。そうして歯肉に炎症が起きている場合は、口臭(こうしゅう)を引き起こすことになるのは間違いありません。 (原因4:舌苔(ぜったい)(せったい表面に付着している白い物質は、おそらく舌苔(ぜったい)(ぜ)と呼ばれています。口内の細菌や新陳代謝により、、上皮細胞が表面に付着したものであります。
タグ:口臭

口臭の原因

口臭の原因となる病気

(1)胃腸病胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍にかかると消化ぜったい不良を起こ。そして、食べ物がしっかりと消化できなくなります。全くこの場合において、胃腸で食べ物が停滞することになります。異常発酵します。ちょうどそこで発生した臭い物質がほんとうは、腸管から吸収され血流にのり肺から排泄されることになります。口臭(こうしゅう)となります。全くこの場合の臭いは、おそらく卵の腐ったような臭いです。また、腸の働きが低下。そして、腸内の細菌バランスが崩れてしまった場合において、悪玉菌が増殖し臭い物質を発生させることになるのは間違いありません。(2)肝機能の衰え肝臓の働きが正常な場合は、おそらく臭い物質は分解されます。けれどもしかし、慢性肝炎などで肝臓の働きが低下した場合において、分解しきれなかった臭い物質が血液中に混じり口臭(こうしゅう)となります。全くこの時の臭いはネズミ臭といわれ、口の中が苦くなるといった特徴があります。さらにその上に重症になると、カビ臭や腐卵臭とニンニクが混じったような臭いがします。(3)糖尿病糖尿病にかかると唾液の分泌量が減少し口内が乾きます。口の中が乾くようになると、雑菌が発生しやすくなり口臭(こうしゅう)が発生することになるのは間違いありません。また糖尿病にかかると、インシュリンがぜったい不足し糖の分解が進まなくなります。その代わりに体脂肪を分解してエネルギーを生成しようとします。その際に、ケント体といった強い臭い成分が発生することになります。血液にのり肺から口臭(こうしゅう)として発生することになるのは間違いありません。全くこの場合において、甘酸っぱい臭いがします。(4)空気のとおり道にある炎症1)気管支炎、肺炎などといったことの呼吸器系の病気2)蓄膿症、アレルギー性鼻炎などといったことの鼻や喉の病気上記のような病気にかかると、肺、気管支、鼻や喉に炎症を起。そして、皮膚組織がただひたすられてしまったり、化膿を起します。ちょうどそこで菌が増殖することになります。その結果として生ぐさい肉が腐敗したような臭いを発します。
タグ:口臭

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。