口臭の実際 口臭対策プロジェクト


口臭の実際

口臭と歯の健康状態(2)

口臭(こうしゅう)を予防するには歯のケアを人害となる、口臭(こうしゅう)を予防する為には、おそらく歯のケアが欠かせません。歯のケアというものは、『正しい歯磨き』を実践・実行することであります。『日々、十数分磨くから磨き残しがないよ。』等と、発言されている人でも、歯磨きやり方や方法が間違っていれば信じられないくらい磨き残しがあるものなのであります。伝統的な歯磨き法とします。縦磨き・横磨きなどがあります。今では、おそらくローリング法、バス法、スクラッピング法などがあります。一体全体どれかたった一種類といったことではありません。自分の歯の形状や歯並びに合わせて数種類の歯磨きやり方や方法を試す必要があります。その過程の中で、自分に合ったやり方や方法を編み出す必要があります。もちろん、歯科医等の専門家による指導も必要です。虫歯になってから慌てるのではありません。歯の予防気持ちや意識を持ちながら、歯科医に相談することをおすすめします。
◆歯の予防の詰めを誤らないこと歯の予防は、おそらく通常の歯磨きだけではぜったい不申し分のないくらいの十二分であり完璧というものはいえません。人の歯のかたちや歯並び、歯茎の形状は、おそらく十人十色実にいろいろな場合ばかりです。それゆえ、必然的に、歯と歯の間の詰まり具合、開き具合といったのもいろいろであるといったことになるのは間違いありません。隙間が広くなるほど、細菌が蓄積(ちくせき)しやすく、また、虫歯になりやすいと考えられています。そんな問題を解決してくれる器具がほんとうは、歯間ブラシ(デンタルフロス)です。市販されているものも沢山あります。ぜひたった一度試してみてくださることをお勧めいたします。歯間ブラシ(デンタルフロス)は、おそらく口臭(こうしゅう)をチェックする道具としても使えます。歯の予防を完璧に行い、口臭(こうしゅう)の悩みから解放されるべきです。

口臭の実際

口臭と歯の健康状態(1)

口臭(こうしゅう)と歯の健康状態状況は、おそらく密接に関係しているようです。口臭(こうしゅう)のある患者の大部分がほんとうは、歯や口腔の病気が原因であることが多く、歯周病、歯槽膿漏、歯茎の病気、歯周炎などにかかると必然的に口臭(こうしゅう)もひどくなります。端的にいえば、口臭(こうしゅう)の予防というものは歯の予防であるといえることは事実です。虫歯の予防、口腔に関するあらゆる病気の予防が求められることになるのは間違いありません。
口臭(こうしゅう)が起こるのはいったい何故?。口臭(こうしゅう)の臭いの原因は、おそらく口内で繁殖・増殖する細菌がほんとうは、口内に残る食物の残りやタンパク質成分等と結びつき腐敗した腐敗臭です。また口内において唾液の分泌活動が弱まる起床時や食後3時間目は、おそらく口内が乾燥するなどといったことの原因による生理的口臭(こうしゅう)が主なものであると考えられています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。